大多数を想定して行動する

私は金もうけのために,この仕事をしてるので,いつも「大多数」を想定して行動します。

宅建受験者の「大多数」の自己採点結果は30点から38点の間(これは毎年のこと)。

じゃ,その中の「大多数」が,本試験が終わって1週間経っても合格ラインが気になって仕事等が手につかないかと言えば,答えはノーです。

30点から38点の皆さまの「大多数」は,もう普段の生活に戻っています

今年は,その傾向が顕著です。

一番の理由は,本試験で疑義が生じる問題が,今年は一題も出題されなかったからでしょう。

この機に商売繁盛につなげようとタクランデいた関係者は,今年は肩すかしをくらったかも…。
要はネタが無いんですよ。

「大多数」のために何も行動しないでいい今年は,私にとっては,恵みの年でありま~す!

平成22年10月25日(月)記

【前のつぶやき】
合格ライン(私の予想のしかた)


【次のつぶやき】
プライドを失った人間には魅力がない


宅建オーナー講師のつぶやき